人気ブログランキング |

e0344492_06261934.jpg

4歳になったくらいから読み聞かせ始めて、これもまた朝顔も私も気に入っている絵本。
大型絵本いっぱいに書かれているかいじゅうたちが、最初は全然かわいくなくないしなんだかコワい、って思っていたけれど、読むうちになぜかだんだんかいじゅうたちがとってもユニークでかわいらしく見えてくるから不思議。
そしてなんといっても繊細な筆遣い、色使いがとっても素敵な絵本。

by ohanabatake2010 | 2015-12-04 22:27 | 絵本

いろいろバス


e0344492_06271799.jpg



文章がとても短いので4才児にはちょっとものたりないかなっていうかんじの絵本だけど、
朝顔は2歳か3歳のころから読み始めて長い間ずーっとお気に入りだった本。
ついこの間、久しぶりにまた取り出してみていた。
赤いバスからはトマトがゴロゴロおりてきて、にゅるりとタコがのって・・・
などなど色ごとのバスにより何がのって何がおりてくるのか、なかなかユニークな絵本です。
朝顔は、黒いバスのところで
「ひっそりと影がのりました」
のフレーズが大のお気に入り!!

色を覚え始めたら、この絵本をお勧め♪


by ohanabatake2010 | 2015-12-03 09:30 | 絵本

よるくま

e0344492_06245499.jpg

3歳くらいから読み聞かせていた本かな。
「よるくま」、この絵本、朝顔より私のほうが気に入っているかも。
夜のあいだにおきるお話なので、全体的に暗っぽい絵なのですが、独特の世界観があって引きこまれます。
長い間、朝顔にたびたび読み聞かせているけれど、飽きることがありません。



by ohanabatake2010 | 2015-12-02 22:30 | 絵本

どこへいってた?

e0344492_06490454.jpg
久々に絵本の話題。
童話館出版の「どこへいってた?」です。
絵は基本的に黒なんだけど、ところどころ赤が入ってシックで素敵な絵本。
動物もいっぱい出てきてかわいらしい。
でも私が読んでいあげていたときは反応はイマイチで、本棚からこれ読んで?と言ってくることはほとんどありませんでした。
それが最近ではこの本を取り出して、よく一人で読んでいます。
まともに一冊最初から最後まで自分で読んでるのって、これが初めてなんじゃないかな。
かわいらしいオランダ語で、ごくたまーに日本語の単語を混ぜて読んでいます。

というわけで、私が毎晩せっせと日本語で絵本を読み聞かせているんだけど、朝顔の中では自然にオランダ語に変換されちゃってるみたい。



by ohanabatake2010 | 2015-06-19 23:50 | 絵本

ころわんシリーズ

e0344492_05355512.jpg
かぜひき ころわん
(1997/09/01)
間所 ひさこ

商品詳細を見る

ころわんシリーズ3冊め、またamazonから取り寄せてしまいました。
まだ朝顔には見せてないんだけど、新しいころわんの本見せたら喜ぶだろうなー。


ころわんはふわふわ丸い子犬が主人公のお話。
朝顔も大好きだけど、私も読んでいてとっても癒される♪
だってとってもかわいーんだもん!



ころわんとの出会いはこの本から。朝顔が2歳半くらいのときだったかな。

e0344492_05355579.jpg
ころわんがはるみっけ!
(2010/01/01)
間所 ひさこ

商品詳細を見る

その頃、ちょうど春だったので。


そのあとこれ↓

e0344492_05355569.jpg
ころわんは おにいちゃん
(1986/03/01)
間所 ひさこ

商品詳細を見る

ころわんが迷子の子猫ちゃんのお母さんを探してあげるっていうお話。


こんなほのぼの平和な世界に迷い込んでみたいもんです。
by ohanabatake2010 | 2014-12-14 23:36 | 絵本

ネコとクラリネットふき

e0344492_05350788.jpg
ネコとクラリネットふき (おはなし広場)
(1996/04)
岡田 淳

商品詳細を見る

ネコとクラリネット、大好きな組合せだったので私が昔、朝顔が生まれる前に自分用に買った絵本。
ところがある日、朝顔はこの絵本をどこかからか見つけてきてしまった。
文字も多めで2,3歳児にはまだまだ早いんじゃないかなーと思いきや、朝顔はこの絵本がとーっても気に入ってしまったのです。

「ぼく」がクラリネットをふくたびにネコがどんどん大きくなる、というお話。
最初は私も普通に読むんですけど、ページをめくるたびにだんだんネコが大きくなるので、そうるすると朝顔は私の読んでいるのなんてもう聞いてない。
「あ、ネコ大きくなった!」、「あ、また大きくなった!!」 って叫びながら、それはそれはもう楽しそうにケタケタ笑っています。
だから私ももう読む必要はなく、それに合わせて適当に、「そうだねー大きくなったね、」「もーっと大きくなっちゃったね」 なんてやっております(*^^*)

大人も読んでで癒されるし、そして幼児も楽しめる絵本。
きっと朝顔もそのうちこの絵本の内容を理解しはじめるだろうから、そうなったらまた別の楽しみ方ができるので長く活躍することは間違いなし。

幼児から大人まで楽しめる絵本という事でとってもおすすめ♪
by ohanabatake2010 | 2014-09-05 21:08 | 絵本

e0344492_05343925.jpg
ぷくちゃんのすてきなぱんつ
(2001/02)
ひろかわ さえこ

商品詳細を見る

トイレトレーニングにいい絵本だと耳にしたので買って見ました。
ぷくちゃんのおかあさんがぷくちゃんに素敵なぱんつを買ってくるのだけど、ぷくちゃんは何度も何度も失敗。
でもぷくちゃんのお母さんは全然怒ることなく、代わりのぱんつがあるからね、とか洗ったぱんつが乾いたから大丈夫、といったかんじで大らかに接していて、ほのぼのとしたトイレトレーニングの様子が伝わってきます。
朝顔はぷくちゃんが、「じょじょじょー」とおもらししてる場面をいつも面白がっていました。

この本を毎日読み始めて何日かした後、我が家もようなくトイレトレーニングを本格的に開始。
当然、最初の頃は朝顔は失敗の連続。そんなとき、「じょじょじょー」とか言って本人は笑っていました。
絵本の中のトイレトレーニングは、失敗しても代わりのぱんつはいくらでもあるからね、って、とーっても大らかな雰囲気なんだけど、実際にはそんな悠長な気分ににはなれません。このまま絵本の中のぷくちゃんと同じように、「じょじょじょー」でやり過ごしていけばいいんだって思われやしないだろうか・・、正直なところ、この絵本、ひょっとして悪影響なんじゃないか!とまで一瞬思ってしまったほどなんですが、結果的にそんな心配は全然不要でした。
失敗のたびに「今度はちゃんとする前に教えてネ!」と言い聞かせているうちに、すぐ、自分から事前に教えてくれるようになりました。
朝、おむつじゃなくてパンツをはかせるときも、「パンツ、じょじょじょ、niet!」 といいながらはいています。
この絵本、トイレでしなくちゃいけないという事を意識させるのに役立ったみたいなので、結果的に買ってよかったなーと思います。
by ohanabatake2010 | 2014-08-01 20:04 | 絵本

ちいさいひと

e0344492_05333924.jpg
ちいさいひと
(2007/02)
グニラ ヴォルデ

商品詳細を見る

ちょっと前まで、よくもまぁそんなに読んでて飽きないなぁっていうくらい、毎日昼寝の時と夜寝る前に読まされていた朝顔のお気に入りの本。

ちいさいひと、は、「ぼくのクマはどこ?」と、「にこにこエマ」の2冊がセットになっています。
朝顔は特にこの、ちいさいひとのケースの表紙にもなっている、「にこにこエマ」が大好き。
エマの何気ない日常が描かれたとってもシンプルな絵本なんです。
髪の毛を丁寧にとかしている絵の横には、「でも時には髪をぐしゃぐしゃにしたくなります」といって髪をぐしゃぐしゃにしている絵とか。
クマのぬいぐるみを与えて弟をかわいがっている絵の横には、「でも時には弟を泣かせてしまいます」といって弟からクマのぬいぐるみを突然取り上げてしまう絵とか。
何気ないんだけど、朝顔の心をつかんだらしいです。

グニラ ヴォルデ、スウェーデンの作家さんの絵本。
最後のページが、「明日もきっと楽しい一日になりますよ」の言葉とともにエマがベッドで寝る様子が書かれているので、寝る前の本にぴったり♪
by ohanabatake2010 | 2014-03-28 00:45 | 絵本

e0344492_05333604.jpg
きょうのそらはどんなそら
(2009/09)
ふくだ としお、ふくだ あきこ 他

商品詳細を見る

今日届いた本。
1匹の猫がいろんな空のもとにいる様子。
青空だったり雲がいっぱいだったり夕暮れだったり夜だったり、時には雨が降っていたり。

More
by ohanabatake2010 | 2014-03-19 18:30 | 絵本

もこもこもこ

e0344492_05332018.jpg
もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
(1977/04/25)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る

朝顔が1歳半から2歳をちょっとすぎるくらいまでとってもお気に入りだった絵本。
場面の設定が宇宙っぽいかな?
なんか独特で、想像力が養われそうです。
「もこ」とか「にょき」とか「ぎらぎら」とか・・。
中でも朝顔は、何が可笑しいのか「つん」のページで大うけ、ゲラゲラ笑っていました。

1977年の絵本だったのですね。
全然古さを感じないし、レビューを見ても何故がこの絵本にはまってしまう子は多いみたい。、
不思議な絵本。
by ohanabatake2010 | 2014-01-30 00:21 | 絵本