結局はどの決断も正しい

またクリスマスからあっという間に年があけちゃった。
思えば去年の半分以上はある事が原因で気持ちがふさぎっぱなしだった。
年が明けてもそれは変わらず・・。
今私が抱えているこの問題、運よく外からの力が働いてきてくれたら、今年中には解決されるかも。
そうでなければ、自分で何とかしてこの心の重荷をとりはずしていかなくてはならない。
今は正直言ってそんな気力がないのだけれどもね。
どうなるのかな。
ただ、クリスマス3日目に、シャーニー&ペーター夫妻に食事に招かれたとき、私の今の悩みを聞いてもらったうえで、ペーターが、
「結局はどの決断も正しい」
と言ってくれたことがとてもうれしかった。
過去にしてきた決断も、これからしていく決断も、結局は正しい方向へ導かれているのだということ。
思えば、この素敵な旧隣人夫妻との出会いも、以前住むところを決めたその決断が導いたものなんだよねー。
だから、それを信じながら、他の事で気持ちをまぎらわしつつ、私が今抱えている心のもやもやが消え去っていくのを待とう。
来年の今頃にこの日記を読み返したとき、「いったい何をそんなに悩んでいたんだろう」とさっぱり検討もつかなくなるくらいが理想。
なーんて、そんなに物事いろいろ忘れっぽくなっていても逆に困るね(笑)

とろこで去年の今頃は何考えていたのだろう、と過去のブログを読んでみたら、雪化粧の写真。そっちのほうに気持ちがいってしまった。
去年の今頃は雪がふったりしていたのだ。
それが今年は、クリスマスが過ぎてもお正月が過ぎても、寒がりなこの私がセーターの下はずっと半袖という・・、なんともありえない冬。
普通にセントラルヒーティングのみで、暖炉はほとんど使っていない。
異常気象のせいで果物や野菜の価格があがったらやだな。 
地球温暖化より目先の心配ばかり。
これではいけませんね。

by ohanabatake2010 | 2016-01-02 20:54 | 日記 | Comments(0)