人気ブログランキング |

Author. ひまわり 娘の成長やお出かけの記録、そしてペットの事など日々の些細な事を書いています。

by ひまわり

巻き舌ができるようになった!

オランダ語のRの発音は基本的に巻き舌なんですけど、私はその巻き舌がどーやってもできずにいました。
それがついこの間、突然できるようになりました
RRRRRRRRRRRRRRRRRRって!
それが出来たときは、もう本当に体に電撃が走ったかのような体験でしたよ。
6年間、どうやってもできず、自分にはもう無理だとあきらめていたのですから。

出来る人は練習なんてしなくてもすぐできるけど、出来ない人はどうやったって出来ない、って言っている人もいるし。



そしてそれができるようになったのは実は朝顔のおかげなのです。
数ヶ月前まで朝顔はよく、舌を唇に挟んで舌を振動させて(うまく説明できていませんが)、ブブブブーって口で遊んでいたんですけど、それを見た旦那が、「巻き舌の原理はこれと同じだよ。」と言ったのです。でもその時はそれを参考にして練習してみてもさっぱり出来ませんでした。
で、ついこの間、散歩しているときに何気にそのことがふと頭に浮かんできて、ちょっとやってみたのですが、
そしたら出来ちゃったんです。
うれしいよりもまずは出来てしまったことにびっくり。
だってオランダ語を勉強しはじめてからの約6年間、自分には一生無理だと思っていたのですからね。
どうやったら出来るのか、どれほど散々ネットで調べたことだろう。
市民化の学校へ行っていたときは、アラビア語を話すクラスメイトに出来ない事を馬鹿にされて悔しい思いをしたことだってあるし、だから自分だけ出来ないことが気になって気になってオランダ語そのものの勉強が全然進まなかったり。
舌の長さが関係していたり遺伝的なことだったりするので、出来ない人はどうやったって一生出来ないと書いている人もいて、そういったネガティブな言葉から絶望的な気分にさせられたりもして、それが本当だったら悲しいな、なんて落ち込んだりもしたけれど、それがなんの根拠もない話である事がこれで証明されました。
ただネットでよく、「さっぽろらーめんとろろいも」や、「ぷるぷら、あらおろ」とか何かの言葉をひたすら言い続けていればいいつかは必ずできるようになる、というのを目にしましたが、これを信じてやっていたら私は一生できなかったと思います。例えばそれは私にとっては、「これだけをひたすら聞き流していれば必ず英語が話せるようになる」、といったたぐいのものに近いな。
もちろん本当に、あくまでも私の場合は、なんですけど。


ただですね、単独でrrrrrr・・って舌を振動できるようにはなりましたけど、単語の中のRを自然に巻き舌にすることはまだ全然できていません。
ここからまた、他の音とうまくつなげられるようにする練習がさらに必要みたい。
だからまだ全然使える巻き舌じゃないんですけど、でも巻き舌そのものができるようになったことは私にとっても本当にすごいことなのです。ほんと、できるようになったきっかけを与えてくれた朝顔ちゃんに感謝感謝。

オランダ語では別にRが巻き舌になっていなくても通じることは通じるらしいので、特に気負わずこれからは気長に気が向いたときに練習していこーっと。

いやーそれにしても、何度も言いますが、自分には絶対ムリだと思っていたことが出来るようになるのってすごい体験です。
by ohanabatake2010 | 2013-12-03 23:45 | オランダ語 | Comments(0)