人気ブログランキング |

Author. ひまわり 娘の成長やお出かけの記録、そしてペットの事など日々の些細な事を書いています。

by ひまわり

セカンドハンド

昼間は晴れてすっごくいい天気だったのに、夕方から急に曇って雨。
雨が降る直前はむっとする蒸し暑さだった。

e0344492_05154011.jpg

足が、「どーにもやる気にニャら~ん」って言ってるぅ~



雨がいっぱい降ってきたから、今夜はオランダ語のレッスンがなくて幸い。
かわりに昼間、カレンがメンテナンスに出した楽器を引き取りにクラリネット専門の修理店へ行ったのでそれにくっついていった。
目的はそこで売られている中古品の物色。
今現在は月5ユーロでレンタルしているけれど、引越しのときは返却しないといけない。
だから今こそ自分の楽器を購入するときだ!と考えている。


リアナに提案されるまで、中古品の購入なんて考えもしなかったな!
もし日本にいたとしたら、新品買うことしか頭になかったと思うし。

こっちでは音楽やってる人が多い分、中古楽器もたくさん出回っているんだと思う。
バイオリンなんかは中古品ほど高くなるらしいけど、クラはもちろん車と一緒でその逆。
中古で買えばちゃんとしたグレードのものもうんと安い。

さすがにインターネットで中古楽器を買うのはやめといたほうがいいって周りの人たちから言われる。
でも、こういった修理店で買えば保証が1年ついてくるから安心とのこと。
確かに、修理店の中古品のほうがなんとなく安心感がある。



お店の人がフランス社製のクランポンのE13とRCを見せてくれた。
RCのほうが、よりプロフェッショナル用とのことで、値段もE13に比べて倍近くも高かった。
でも私が両方を試し吹きしたあと、カリンもお店の人もE13のほうが音がいいね、と言っていた。
私はなんだかよくわからなくて(汗)
というか、値段が高いほうの高級感ばかり気をとられて・・。

お店の人はとっても正直な人らしく(リアナの名前を出したからかもしれないけど)、
「店主としてはもちろん高いほうを買ってもらえたらうれしいけど、でもこのE13も自信を持ってお勧めできる品質です。」
と、どちらかというとE13のほうを強く進められた。


高級感漂うほうにばかり気がとられていた私もそのときハっと目覚めた。
確かに私がプロ用なんて持っても仕方ないのだ。
趣味の範囲を超えることなんて一生ないのだから。
プラスチックじゃなくて木製のクラリネットを持てるってだけで幸せなんだし。
それにE13だって立派なグレード!

それに決まりだな!

でもまだ買わない。
バケーション中のリアナの最終判断を待つことにしよう。
あのクラと縁があれば、それまでに売られてしまうなんてことはないだろう。
クランポン、
偶然にも過去私が新品を買って無知がゆえに駄目にしてしまったのと同じメーカー。
今度は誰かが手放した楽器を救う番だ。
手に入ってきたら、今度は前の楽器の分も大事にしようと思う。
by ohanabatake2010 | 2010-07-14 23:59 | 日記 | Comments(0)